めまいとメリスロン

メリスロン、耳慣れない言葉ですがめまいを抑える薬の名前です。
脳や聴覚や平衡感覚をつかさどる内耳の血管を広げて血液循環を良くする薬です。
メニエール病などのめまいの治療に広く使われていますよ。
また良性発作性頭位めまい症のグルグルするめまいだけではなく、低血圧などでおこるフワフワするめまいにも有効なのだそうです。
幅広く処方されている薬なんですね。

めまいに効果と言えば、よく知られている乗り物酔いの薬のトラベルミンもめまいがひどいときの頓服として使います。
トラベルミンは即効性がある薬なのでめまいに良く効くのです。
ですが眠気の副作用があるので状況よって服用は気をつけてくださいね。

メリスロンの副作用は吐き気や発疹などがありますが、副作用は少なく、安全性が高い薬です。
40年ほど前から使われている薬なのでいかにめまいに効果がある薬か分かりますね。
先にメリスロンは主にメニエール病の治療に使用することを紹介しましたが、メリスロンはメニエール病のめまいの症状を治める効果があります。
メニエール病は激しいめまいの発作が起こる病気で、身体の平衡感覚が乱れて発作が起きます。
平衡感覚は耳の中の内耳で制御されているのでこの内耳の乱れを押さえるのにメリスロンは効果的なわけです。
メニエール病の症状にもっとも適した薬だということですね。

めまいに効くメリスロンの作用

ではメリスロンの作用について少し説明しますね。
メリスロンは内耳の乱れを押さえる作用があるわけですが、内耳は耳の奥の鼓膜のまた奥にある器官なのです。
ここで身体のバランスを保っているわけです。
内耳にはリンパ液が満たされていて、身体を動かすとこのリンパ液の動きが神経に伝わって身体のバランスを取ります。

メニエール病の診断を受けた方はこの内耳の血流が悪くなっていて、働きが鈍くなっているため、身体のバンランスがうまく取れなくなっているのです。
そこでメリスロンです。
メリスロンは内耳の血流を改善する作用があります。
これがメニエール病の内耳の血流が悪くなっている症状に効くいうことなのです。

メニエール病は原因がいまだはっきりはしていません。
ですがそのめまいの症状はメリスロンによって緩和することができます。
副作用の少ない薬ですし、安心して服用できそうですね。


ページトップへ
Copyright © http://me-ma-i.com/ All Rights Reserved.