めまいと耳鳴り

耳鳴りと言うと、不快な音が耳の中と言うか、頭の中と言うか、自分にしか聞こえない音がどこからともなく聞こえてきます。
ここで耳鳴りの定義を説明してみると、周囲の音と無関係に頭の中で音が聞こえると自覚するもの、と説明できます。
この音が本当に鳴っているのか、はたまた実際には鳴ってはいないのか、とっても不思議なものですね。

耳鳴りにはいくつかの種類があるそうです。
まずは自覚的耳鳴りと呼ばれるものです。
これは原因として、耳の疾病により聴力の低下によって起きると考えられます。
これは当然ながら他人には聞こえないものです。
ではなぜ聞こえるのか・・・それはまだ原因が解明されていません。

そして2つめは、他覚的耳鳴りと呼ばれ、自分以外の人にも聞こえるのものです。
これは自分の心臓の鼓動、呼吸する音などが耳鳴りとして聞こえる症状であり、こちらは非常に稀です。
外科的な治療によって治ることがあります。

ではめまいと耳鳴りが両方起きる症状がある病気と言えば、メニエール病があります。
メニエールの症状は、耳鳴りや難聴から始まり、その後回転性のめまいが発生し、嘔吐や吐き気が伴います。
耳鳴りや難聴がその後めまいが起きる何かサインのような気がしますね。
私の友人もメニエールですが、実際に突然ホワンホワンと耳鳴りがする、と言ったかと思うとめまいを感じ倒れたことがあります。
そんな耳鳴りのシグナルがあり、めまいの恐怖が迫ってくると、普段からいつ発作があるかと怖くなってしまう人も少なくありません。

めまいと耳鳴りの治療

耳鳴りのもっとも多くの原因はストレスだと言われています。
病気によるものもありますが、病院を訪れるほとんどの方は恐らく原因不明として診断されるかもしれません。
もしメニエールと診断され、その治療では内耳の水圧を下げる利尿剤を用いられます。
メニエールのように病気だと診断されれば治療もスムーズに進むかもしれませんね。

たいていの耳鳴りは数秒から数分であることが多いと思います。
すぐに症状が治まるため、自己判断で大丈夫だろうと思ってしまうことありますよね、実際私もそうです。
風邪や体調不良、更年期や妊娠中、そして高血圧や低血圧、いろいろ身体の不調時に耳鳴りやめまいがあります。
ですが身体が不調だから仕方がないか・・・と安易に思ってしまうこと、ありませんか?
もしそれが慢性化するようであれば何かしら疾患もある可能性があります。

耳鳴りとめまいは身体の黄色信号です。
その症状がストレスからのものだと判断する前に一度病院を受診してみましょう。


ページトップへ
Copyright © http://me-ma-i.com/ All Rights Reserved.